忍者ブログ
花、鳥、風、月、虫・・・・森羅万象を
[494]  [493]  [492]  [491]  [490]  [489]  [488]  [487]  [486]  [485]  [484
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 よくお参りに行く埼玉県中部の丘陵地帯にあるお寺の境内で撮りました。ルリビタキの見事なオスです。ふだん行くフィールド(アシ原が中心)にはルリビタキはいませんので、久しぶりの逢瀬です。やはり青がキレイでした。しかしなかなか思うようなところにじっとしていてくれず、オマケに薄暗いところが多かったので、ブレた写真ばかりで苦労しました。とりあえず証拠写真にはなりますね(笑)。080210

img_24899tas.jpg























PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
会えたら
うれしい鳥ですよね。
雪の風景のこちらでは、シメやアトリの群れ、シロハラやツグミの姿が目につきます。
しら URL 2008/02/16(Sat)19:33:20 編集
何度逢っても
>うれしい鳥ですよね。
>雪の風景のこちらでは、シメやアトリの群れ、シロハラやツグミの姿が目につきます。

----私の方でもシメやツグミはかなり多いですのが、シロハラになると雑木林を探して何とか見られるくらい、アトリに至ってはなかなか見られません。昨冬はアトリを見ることが出来ましたが、今冬はまだです。
 ルリビタキは確かに青のキレイな成熟したオスに逢うと、嬉しいですね。「幸福の青い鳥」っていうのは月並みで欧風の表現ですが、でもやっぱり気分が良くなるのは否定できません(笑)。
【2008/02/17 00:50】
オス
ルリビタキ雄うらやましいです。

今年はオスに会えそうで会えないのが悲しいです。餌付けして、ルリビを待っている集団にはよく会うんですがね・・・。
てふてふ URL 2008/02/16(Sat)23:08:11 編集
時と場合によって
>ルリビタキ雄うらやましいです。
>
>今年はオスに会えそうで会えないのが悲しいです。餌付けして、ルリビを待っている集団にはよく会うんですがね・・・。

----餌付け集団ですか・・・・。私はどうもひねくれたところがありまして、そういう方たちのいるところってどうしても余り馴染まないんです(笑)。でも一人だけ幸運に恵まれることもありますよ。
【2008/02/17 00:57】
青い鳥
ルリビタキはメスだけ見たことあります
幸せの青い鳥見たい~
オスは目の上の白いラインが凛々しいですね
白い眉毛のようで目が可愛く見えます
タロさんにおかんむりって顔してませんか
エフ URL 2008/02/17(Sun)21:21:10 編集
そう言われると・・・・
>ルリビタキはメスだけ見たことあります
>幸せの青い鳥見たい~
>オスは目の上の白いラインが凛々しいですね
>白い眉毛のようで目が可愛く見えます
>タロさんにおかんむりって顔してませんか
>

----確かにちょっとムッとしているような顔してますね。こういう顔されたのは初めてではなかったような・・・・ウグイスもそんな表情してました(笑)。http://ta440ro.blog.shinobi.jp/Entry/63/
ん、ウグイスの方がちょっとクールかな。
【2008/02/17 22:46】
無題
>----餌付け集団ですか・・・・。私はどうもひねくれ>たところがありまして、そういう方たちのいると>ころってどうしても余り馴染まないんです(笑)。

 私も、そんな集団に会うと入っていけません。ただ、何に餌付けをしているのかが気になるので質問してみるのですが、冷たくあしらわれることが多いです。そして退散します。

やっぱり、自分で見つけると嬉しいですよね。
てふてふ URL 2008/02/17(Sun)22:39:20 編集
趣向するもの
>>----餌付け集団ですか・・・・。私はどうもひねくれ>たところがありまして、そういう方たちのいると>ころってどうしても余り馴染まないんです(笑)。
>
> 私も、そんな集団に会うと入っていけません。ただ、何に餌付けをしているのかが気になるので質問してみるのですが、冷たくあしらわれることが多いです。そして退散します。
>
>やっぱり、自分で見つけると嬉しいですよね。
>
----私の場合、証拠写真くらいはずうずうしく撮ります(笑)。そしてすぐ他へ・・・・。単純に珍しい種だから、という理由で、沢山写真を撮っておこうとは余り思わないことが多いです。寧ろこんなシーンに出会ってしまったという時の方が楽しく感じます。もっともアカザトウムシの仲間なんか、その異形ぶりに「見てみたい!」と単純に思いますが、サバクビタキがいた、って言われてもフーン、っていう気になってしまって。先日、モズがネズミを銜えていたシーンに出くわしたのですが、これなんかは未だに撮れなかったことに口惜しい気持ちがあります。
【2008/02/17 22:57】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/16 都下林]
[08/03 はこ]
[01/30 itotonbosan]
[01/10 itotonbosan]
[01/06 itotonbosan]
プロフィール
HN:
タロ
性別:
男性
趣味:
広く、浅く・・・・
自己紹介:
最近になって再び、季節の風景や生きものを求めて自然の中に出かけることが多くなりました。

使用カメラ:
Canon S3IS/Canon S5IS/Panasonic FX07/RICOH R5/RICOH CX1
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]