忍者ブログ
花、鳥、風、月、虫・・・・森羅万象を
[492]  [491]  [490]  [489]  [488]  [487]  [486]  [485]  [484]  [483]  [482
 風の強い日でした。川面にせり出したセイタカアワダチソウの枯れ穂にしっかり摑まったカワセミです。風の強い日というのは、風の音や止まり木の揺れで、鳥たちも不意な接近を許してしまうことが多いようです。もっとも人間の方もボーボーという風の音と寒さに抗いながら、鳥を観察するのは容易ではありませんが・・・・。
 面白い経験があります。TVの音を消して、CMなどを見ていると普段は気づかないような画面の隅々まで注意が行き渡り、新しい発見をすることが多いのです。つまり音を出してTVを見ていると、人間の脳は聴覚についても情報処理しなくてはならず、視覚が少しばかり疎かになるようです。
 風の強い日というのは鳥たちに似たようなことが起きているように思えます。風の音に対する聴覚の情報処理、というより止まり木が揺れたりすることで、彼らが余分な運動神経ないし脳を働かせているように思えるのです。もっとも人の接近に気づかないのは、足音が風で掻き消されることも大きいでしょうが。080117

img_23899tas.jpg























PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
都内を歩いている時には感じない感覚、五感を自然観察時には使っている自分に気づきます。
ということは、生き物たちは毎日をこんな感覚で生きているんだろうなぁと思ったりします。

話は少し逸れますが、私の仕事の関係で「視覚優位」「聴覚優位」という言葉があります。この言葉は人にのみ当てはまる言葉なのかもしれませんが、鳥はどっちかなぁと考えたりすることがありますねー。
naturing 2008/02/14(Thu)09:50:06 編集
視力
>都内を歩いている時には感じない感覚、五感を自然観察時には使っている自分に気づきます。
>ということは、生き物たちは毎日をこんな感覚で生きているんだろうなぁと思ったりします。
>
>話は少し逸れますが、私の仕事の関係で「視覚優位」「聴覚優位」という言葉があります。この言葉は人にのみ当てはまる言葉なのかもしれませんが、鳥はどっちかなぁと考えたりすることがありますねー。
>

----鳥は人間以上に視覚優位ではないかと思うのですよ。猛禽など非常に眼がいいって言いますよね。眼で得た視覚情報を立体的に情報処理しないと、ああやってスイスイ飛べない気がします。
 今日は休みで、久しぶりにちょっと遠出してみたのですが、私の場合、視力が落ちていて細かい生き物や遠くの鳥がままなりません。かなり激しいガチャ目になっているので見難いことこの上ないです。何とかならないかなぁ、と浮かない気持ちです・・・・。
【2008/02/14 18:35】
カワセミの体重
なんともうっとりしてしまう羽の色
こうして枝に止まってるところを見ると
体重何キロ?と聞きたくなるくらい軽そう
鳥たちもいろんなことに集中しないと命がかかってるので
真剣でしょうね

夕方暗くなるととたんに音や匂いをくっきり感じるのは
視覚優位が別のスイッチに切り替わったということなんですね
エフ URL 2008/02/15(Fri)16:46:20 編集
35g
>なんともうっとりしてしまう羽の色
>こうして枝に止まってるところを見ると
>体重何キロ?と聞きたくなるくらい軽そう
>鳥たちもいろんなことに集中しないと命がかかってるので
>真剣でしょうね
>
>夕方暗くなるととたんに音や匂いをくっきり感じるのは
>視覚優位が別のスイッチに切り替わったということなんですね
>

----「カワセミ、体重」をgoogleで検索してみると、出てきました。35g~38gとのこと。これを重いと取るか、軽いととるか・・・・。鳥の体重って獣と比べると、飛ぶために相当軽くなっているようですね。鳥の骨は中空であるというし、大きな鳥でも意外に軽かったりします。こういうことを知っていれば、意外と重いと思う人もいるかも。googleの検索ではツバメの体重もひっかかりましたが、10gとのこと。やはり軽い!!
【2008/02/16 01:18】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新CM
[01/16 都下林]
[08/03 はこ]
[01/30 itotonbosan]
[01/10 itotonbosan]
[01/06 itotonbosan]
プロフィール
HN:
タロ
性別:
男性
趣味:
広く、浅く・・・・
自己紹介:
最近になって再び、季節の風景や生きものを求めて自然の中に出かけることが多くなりました。

使用カメラ:
Canon S3IS/Canon S5IS/Panasonic FX07/RICOH R5/RICOH CX1
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]