忍者ブログ
花、鳥、風、月、虫・・・・森羅万象を
[559]  [558]  [557]  [556]  [555]  [554]  [553]  [552]  [551]  [550]  [549
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 生憎、キンバエの仲間だろうということしか判りません。キンバエの仲間も種類が多いし、捕まえて標本にでもしないと識別が難しそうです。でも手掴みで捕まえようという気にはならず・・・・(笑)。研究者の方はどうしているんでしょう。気になります。
 写真を撮る気になったのは、やはり緑色に輝く見事な金属光沢と真っ赤な複眼のコントラストが目をひいたからです。彼らの食生活は兎も角、その姿はなかなか美しいと思うのですが、いかがでしょうか?080416

img_28900tas.jpg























PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ハエの同定・・・いつも頭を抱えてしまいます。記載論文なんかを見なければ難しい種が多い気がしますし。または双翅目の研究会の会誌などなら検索表があったりするかもしれません。
害虫としてハエだけではない、ハエの検索図鑑なんか出たら面白いですね。
てふてふ URL 2008/04/23(Wed)01:55:16 編集
標本は大変
>ハエの同定・・・いつも頭を抱えてしまいます。記載論文なんかを見なければ難しい種が多い気がしますし。または双翅目の研究会の会誌などなら検索表があったりするかもしれません。
>害虫としてハエだけではない、ハエの検索図鑑なんか出たら面白いですね。

----ハエの図鑑というのはマニアックです。でもあったら面白いですよね。問題は捕まえたハエを検索する手続きがかなり大変で億劫になるのではないかということです(笑)。細かい種まで同定しようとすると、標本にしないと駄目ですよね。すると・・・・標本作って、検索して、ようやく種名まで辿りつく・・・・でもマイナーな生物群なので、研究が進むと分類が変わる・・・・ということを繰り返したりしそうです・・・・恐ろしい・・・・うーん、私はやっぱり見た目(写真判定)で判るところまででいいかな・・・・。
 そうそう、ハエの名前についてはハエ男さんの掲示板で何度か教えて頂いたことがあります。http://furumusi.aez.jp/joyful1/joyful.cgi
【2008/04/23 20:52】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[01/16 都下林]
[08/03 はこ]
[01/30 itotonbosan]
[01/10 itotonbosan]
[01/06 itotonbosan]
プロフィール
HN:
タロ
性別:
男性
趣味:
広く、浅く・・・・
自己紹介:
最近になって再び、季節の風景や生きものを求めて自然の中に出かけることが多くなりました。

使用カメラ:
Canon S3IS/Canon S5IS/Panasonic FX07/RICOH R5/RICOH CX1
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]