忍者ブログ
花、鳥、風、月、虫・・・・森羅万象を
[351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341
 イトトンボにしては大きくて立派なイトトンボでした。
 もっともイトトンボ科には属さなくて、アオイトトンボ科という独立した別の科があって、そこに属しています。前に紹介したアジアイトトンボとは科のレベルで違うんですね。パッと目にはさほどの違いを感じないのですが・・・・。
http://ta440ro.blog.shinobi.jp/Entry/322/
 樹皮などに産卵するので林の中にある水辺を好むらしく、確かに私がこれを撮ったのもそんな環境でした。070921

▼スマートで、そのうえ緑色が美しい。

img_19352tas.jpg

























▼エメラルド色の複眼はまるでサンゴ礁の海のようだ。

img_19356tas.jpg
































PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おぉ!
オオアオイトトンボがこちらではドアップで撮れています(^_-)ネッ
こんなに大きく撮れたら、何トンボか分かりやすいですね!(^^)v
まゆみ URL 2007/10/01(Mon)11:34:27 編集
トリミング
>オオアオイトトンボがこちらではドアップで撮れています(^_-)ネッ
>こんなに大きく撮れたら、何トンボか分かりやすいですね!(^^)v

----私の写真、トリミングが多いのですよ。元データがこのフレーミングだったら、いろいろな意味で大したもんなんですけど・・・・・無理です。まず倍率を高めると、手ブレ、ピンボケとの悪戦苦闘です。手ブレを避けるためにフラッシュ、ピンボケを避けるために広角側で大きく切りとるか、敢えて被写体そのものを大きく入れてカメラに強引にフォーカスさせるかします。手ブレしているときなどフレーミングは二の次、三の次ですからね。難しいです。
【2007/10/02 01:01】
そうなのですか?
わたしが撮る虫も5mm以下だとトリミングが多いです。(^_^;
まゆみ 2007/10/02(Tue)15:10:59 編集
そうですよね
>わたしが撮る虫も5mm以下だとトリミングが多いです。(^_^;

----そうですよね。5mm以下になると確かにトリミングが多くなるでしょうね。それより大きいものでも現場ではなかなかキチンとフレーミング出来ないですから、やはり後でトリミングしていることが多いです。今の仕上げが「昆虫の体を画面いっぱいに!」という方向でやっていたりするので尚更です。
【2007/10/03 00:18】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[01/16 都下林]
[08/03 はこ]
[01/30 itotonbosan]
[01/10 itotonbosan]
[01/06 itotonbosan]
プロフィール
HN:
タロ
性別:
男性
趣味:
広く、浅く・・・・
自己紹介:
最近になって再び、季節の風景や生きものを求めて自然の中に出かけることが多くなりました。

使用カメラ:
Canon S3IS/Canon S5IS/Panasonic FX07/RICOH R5/RICOH CX1
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]