忍者ブログ
花、鳥、風、月、虫・・・・森羅万象を
[62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 一週間前のように北西風が強く吹きましたが、午後からいつもの川の土手を歩きました。

 今日の満足は強風の中を飛ぶノスリが撮れたこと。

 今日の心残りはタシギがいるのに気づかずに目の前で飛び立っていったこと。それも2回・・・・。

 強風に加え、短時間に限られた場所しか歩きませんでしたが、鳥の種数はぼちぼちでした。・・・・ハシブトトガラス、ハシボソガラス、ムクドリ、スズメ、シメ、ベニマシコ、カワラヒワ、アオジ、ホオジロ、カシラダカ、メジロ、シジュウカラ、ツグミ、モズ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、キジバト、ノスリ、タシギ、オオバン、バン、コサギ、ダイサギ、コガモ、オカヨシガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ 070202

IMG_2370aas.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2372aas.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2374aas.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんなに多種類の鳥がいてボチボチですか(笑)
私はこの中で、鳥の姿と名前が一致するのは12種しか挙げられません。
自分でも意外に守備範囲がせまいと自覚しています。
y_stork URL 2007/02/03(Sat)14:35:30 編集
山野の鳥と水辺の鳥
>こんなに多種類の鳥がいてボチボチですか(笑)
>私はこの中で、鳥の姿と名前が一致するのは12種しか挙げられません。
>自分でも意外に守備範囲がせまいと自覚しています。
----y_storkさん、冬場の里山は結構、野鳥の種類は多くて、河原やら雑木林やらうまくコースを辿ると種類数はかなり稼げるようです。本当に広大で豊かな葦原に行っても種類数はあまり大差なかったりしますから(笑)。今なら私がカモメやらシギチなど見たら苦労すると思います。シギ・チもしばらく見ていないし、鳥見を始めたばかりの頃には、シギチの地味さと距離の遠さに随分と苦労しました。(^^;)
【2007/02/03 22:25】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[01/16 都下林]
[08/03 はこ]
[01/30 itotonbosan]
[01/10 itotonbosan]
[01/06 itotonbosan]
プロフィール
HN:
タロ
性別:
男性
趣味:
広く、浅く・・・・
自己紹介:
最近になって再び、季節の風景や生きものを求めて自然の中に出かけることが多くなりました。

使用カメラ:
Canon S3IS/Canon S5IS/Panasonic FX07/RICOH R5/RICOH CX1
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]