忍者ブログ
花、鳥、風、月、虫・・・・森羅万象を
[32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22

 一昨夜に書いたハエトリグモの話の続きです。昨日(金)の午前中、一昨夜は出て行かなかったハエトリグモの様子を見ようとしたら、コップの中はもぬけの殻でした。コップの底につくっていた巣まで無くなっていました。その代わり、入れておいた小さなミルワームがコップの内壁に糸で絡め取られて吊るされて死んでいました。近くを探してみると、すぐ脇のヨコヅナサシガメの飼育ケースの上でじっとしている彼女が見つかりました。コップから出て行く前に食事を済ませていったようです。まるで部屋を片付けて最後の引越しのゴミでも出したかのように彼女は出て行ったのです。
 ただ最後の食事の方法がどのようなものだったのか、実に想像力を掻き立てられます。残された状況からは、コップの底にあった薄い繭のような巣、これによってミルワームは絡め取られているようにしか思えません。ミルワームがコップの底を這いずり回れば、ハエトリグモが底につくった巣と干渉したことは確かでしょう。しかし獲物がグルグル巻きにされて吊るされたというのでは他の蜘蛛の仕業と同じではないですか。ハエトリグモがそんな獲物の捕り方をするというのは聞いたことがありません。観察していた訳ではないので断定はできませんが、再度調べてみる必要があるでしょう。
 尚、餌を食べてふっくらとし、巣から抜け出たことで腹部の模様もハッキリと確認でき、アダンソンハエトリのメスであることが分かりました。

IMG_1465as.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1469as.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 蝋梅 HOME 枯れ草ドーム >>
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/16 都下林]
[08/03 はこ]
[01/30 itotonbosan]
[01/10 itotonbosan]
[01/06 itotonbosan]
プロフィール
HN:
タロ
性別:
男性
趣味:
広く、浅く・・・・
自己紹介:
最近になって再び、季節の風景や生きものを求めて自然の中に出かけることが多くなりました。

使用カメラ:
Canon S3IS/Canon S5IS/Panasonic FX07/RICOH R5/RICOH CX1
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]