忍者ブログ
花、鳥、風、月、虫・・・・森羅万象を
[216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206

 このムモンホソアシナガバチの身の上にも可哀相な事件が起こってしまいました。人が時折通るような場所に巣があった為、6月20日前後に撤去されてしまいました。あのコアシナガバチの巣が撤去された事件からまだ日が浅い6月5日に新たに見つけた巣だったので心配していましたが、叶いませんでした。

▼横倒しになったオニノゲシに巣をつくり始めたムモンホソアシナガバチ。070605
img_11879s.jpg

























▼この後で起こる結末を考えると、このきつく見える表情も哀しいものがある。
img_12570s.jpg























PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは〜
頑張って作っていたのにまさか撤去されてしまうとは考えなかったでしょうね…。

チョッキリの機械のような採寸縫製技にも驚きますが、ハチもどういう基準で巣の場所を決めるんでしょうねぇ。人だったら、家を決める時に周りの環境とか買い物の場所、駅までの距離とかを考えますけどね…。
naturing 2007/07/03(Tue)23:37:31 編集
不思議な場所でした。
>こんばんは〜
>頑張って作っていたのにまさか撤去されてしまうとは考えなかったでしょうね…。
>
>チョッキリの機械のような採寸縫製技にも驚きますが、ハチもどういう基準で巣の場所を決めるんでしょうねぇ。人だったら、家を決める時に周りの環境とか買い物の場所、駅までの距離とかを考えますけどね…。

----かのムモンホソアシナガバチが巣づくりに選んだ場所は、不思議な場所でした。倒れかかったオニノゲシの茎に、それもほとんど地上から10cmほどの場所でした。水も近くにあったので、少し強い雨でも降れば浸水したのではないかと思うくらいでした。雑草の茂るような所ですが、人がときどき歩くので踏み固められており、不注意な人間が蹴飛ばしてしまってもおかしくありませんでした。
 あんなコワイ顔したムモンホソアシナガバチでもやっぱり可哀相ですよね。アシナガバチたちが報われますように!
 あっ種が存続していること自体が報われているということですか(笑)。
【2007/07/04 01:15】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[01/16 都下林]
[08/03 はこ]
[01/30 itotonbosan]
[01/10 itotonbosan]
[01/06 itotonbosan]
プロフィール
HN:
タロ
性別:
男性
趣味:
広く、浅く・・・・
自己紹介:
最近になって再び、季節の風景や生きものを求めて自然の中に出かけることが多くなりました。

使用カメラ:
Canon S3IS/Canon S5IS/Panasonic FX07/RICOH R5/RICOH CX1
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]