忍者ブログ
花、鳥、風、月、虫・・・・森羅万象を
[532]  [531]  [530]  [529]  [528]  [527]  [526]  [525]  [524]  [523]  [522
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 もうすっかり春でしょうか。ときどき不意にやってくる暖かい日にはこうして亀が甲羅干しをしています。ここに写っている亀は1匹を除いて全てアカミミガメです。アカミミガメでない1匹は、ここで以前紹介した個体のようにも見えます。またアカミミガメの中には甲羅が割れている個体もいますね。いろいろと亀の世界も大変なようです。080316

img_26267tas.jpg































 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
もしもしかめよかめさんよ~♪
いったいどんな試練があったら甲羅が割れるんでしょうね
痛々しいです
エフの家の側の川にはスッポンがいます
以前スッポンを釣ってる人がいて見てたんですが
釣り糸に餌をを付けて水に沈めると驚く数のスッポンが寄ってきました
可哀想で見てられませんでしたがいるんですね~~
タロさんのところの川も亀密度が高そうです
エフ URL 2008/03/25(Tue)22:47:43 編集
試練
>いったいどんな試練があったら甲羅が割れるんでしょうね
>痛々しいです
>エフの家の側の川にはスッポンがいます
>以前スッポンを釣ってる人がいて見てたんですが
>釣り糸に餌をを付けて水に沈めると驚く数のスッポンが寄ってきました
>可哀想で見てられませんでしたがいるんですね~~
>タロさんのところの川も亀密度が高そうです
>
----エフさんの方ではスッポンが釣れますか。凄いですね。私も昔、多摩川で見たことがありますが、自然分布かどうか疑わしい気がしました。こちらにも亀たちもいるにはいますが、外来種のアカミミが圧倒的に多いのです。
 さて甲羅の割れた亀にはどんな事故が起きたのでしょう・・・・どこかを移動中、自動車に轢かれたりしたのかも知れませんね。
【2008/03/26 00:42】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/16 都下林]
[08/03 はこ]
[01/30 itotonbosan]
[01/10 itotonbosan]
[01/06 itotonbosan]
プロフィール
HN:
タロ
性別:
男性
趣味:
広く、浅く・・・・
自己紹介:
最近になって再び、季節の風景や生きものを求めて自然の中に出かけることが多くなりました。

使用カメラ:
Canon S3IS/Canon S5IS/Panasonic FX07/RICOH R5/RICOH CX1
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]