忍者ブログ
花、鳥、風、月、虫・・・・森羅万象を
[417]  [416]  [415]  [414]  [413]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 11月中旬でした。1匹のキアシナガバチがエノキの葉上で休んでいました。

 一般にアシナガバチは、子育てを終わる秋には巣を解散します。新しく巣立った女王は越冬し、春になると新女王1匹だけで巣作りを始めるのです。http://ta440ro.blog.shinobi.jp/Entry/142/ (コアシナガバチの営巣) http://ta440ro.blog.shinobi.jp/Entry/211/ (ムモンホソアシナガバチの営巣)

 写真はキアシナガバチですが、この個体がこれから未知の冬を越えようとしている新女王なのか、巣を解散し死を待つばかりの働き蜂なのかは、残念ながら私には分りません。ただどちらにしても何となく淋しげに見えてしまいます。071114

img_21115tas.jpg























PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
巣を解散するなんて、あまりに寂しいですね。
仕事は終わった、ということなんでしょうけれど…。
スズメバチなんかはどうなんでしょうかね。餌が少なくなる時期になると、傷ついたスズメバチを仲間が解体して餌にする、というのは聞いたことがあったんですけれど…。
naturing 2007/11/30(Fri)21:22:05 編集
同様・・・・。
>巣を解散するなんて、あまりに寂しいですね。
>仕事は終わった、ということなんでしょうけれど…。
>スズメバチなんかはどうなんでしょうかね。餌が少なくなる時期になると、傷ついたスズメバチを仲間が解体して餌にする、というのは聞いたことがあったんですけれど…。

----naturingさん、スズメバチもアシナガバチと同様の生活史を持っているようですよ。したがって秋に巣を解散して、新女王のみが越冬します。アシナガバチもスズメバチもそうですが、巣を出た新女王は、やはり巣を出た雄バチと交尾しておくようです。そうでないと有性生殖になりませんからね。
 naturingさんの仰るように晩秋が近づくに従い、巣の解散に向けて、働きバチや幼虫のリストラが進むようで、餌になってしまうことがあるようです。自然の摂理というのは冷酷なまでに現実主義者なんですね。
【2007/11/30 22:30】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/16 都下林]
[08/03 はこ]
[01/30 itotonbosan]
[01/10 itotonbosan]
[01/06 itotonbosan]
プロフィール
HN:
タロ
性別:
男性
趣味:
広く、浅く・・・・
自己紹介:
最近になって再び、季節の風景や生きものを求めて自然の中に出かけることが多くなりました。

使用カメラ:
Canon S3IS/Canon S5IS/Panasonic FX07/RICOH R5/RICOH CX1
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]