忍者ブログ
花、鳥、風、月、虫・・・・森羅万象を
[143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 以前、足環をつけたオオジュリンを紹介しましたが、こんどはメジロの話です。
 2週間ほど前、余り飛ぶことのできないメジロを見かけました。最初は巣立ったばかりの雛だと思い込んでいましたが、追いかけて写真を撮ってみると足環をつけていました。ということは、羽を切られて飼われていたメジロが逃げ出したものかも知れませんし、巣立ったばかりのメジロに調査研究のための足環をつけたものかも知れません。いずれにしても飛ぶことが不得手のようでしたので、生き延びられるかどうか何やら心配になりました。今頃、どうしているかな?070512

IMG_9170tas.jpg
























PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
何だか可哀想ですね。鳥が飛べない、ということは致命的ですね…。

先日、上野公園で羽の折れたカラス(それも2羽も)が、餌をもらっているところを見ました。餌をあげている人も、カラスも、慣れた様子で、どのくらいこういう状態が続いているのかな、と思いながら通り過ぎました。
自然界の中では淘汰されてしまう致命傷も人為的な力によって命を長らえることは出来るでしょうが、それが本当にいいことなのか、とちょっと考えさせられました。そして、不自然に折れているカラスの羽についても考えてしまいました…。
naturing 2007/05/28(Mon)23:48:30 編集
時間が・・・・。
>何だか可哀想ですね。鳥が飛べない、ということは致命的ですね…。
>
>先日、上野公園で羽の折れたカラス(それも2羽も)が、餌をもらっているところを見ました。餌をあげている人も、カラスも、慣れた様子で、どのくらいこういう状態が続いているのかな、と思いながら通り過ぎました。
>自然界の中では淘汰されてしまう致命傷も人為的な力によって命を長らえることは出来るでしょうが、それが本当にいいことなのか、とちょっと考えさせられました。そして、不自然に折れているカラスの羽についても考えてしまいました…。

----鳥にとって飛べないということはホントに致命的ですよね。ましてあれだけ自由闊達に飛び回るメジロですから。
 白い足環は兎も角として、飛べるようになるには時間が必要なようです。とするとしばらくは危険な状態が続くのでしょう。
【2007/05/29 01:36】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[01/16 都下林]
[08/03 はこ]
[01/30 itotonbosan]
[01/10 itotonbosan]
[01/06 itotonbosan]
プロフィール
HN:
タロ
性別:
男性
趣味:
広く、浅く・・・・
自己紹介:
最近になって再び、季節の風景や生きものを求めて自然の中に出かけることが多くなりました。

使用カメラ:
Canon S3IS/Canon S5IS/Panasonic FX07/RICOH R5/RICOH CX1
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]