忍者ブログ
花、鳥、風、月、虫・・・・森羅万象を
[149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 2週間ほど前に埼玉県北本市にある自然公園で、ニホンミツバチの巣を見かけました。可愛らしいミツバチがブンブンいいながら出入りしていましたが、去年は天敵であるスズメバチの巣もあったことを思い出しました。今年はスズメバチの巣がどうなっているのか分かりませんでしたが、スズメバチも珍しい昆虫ではないし、近所に一つや二つ、巣があるんでしょうね。
 セイヨウミツバチと違ってニホンミツバチが、オオスズメバチやキイロスズメバチの襲撃に対して、効果的な防衛法を持っていることはあまりに有名です。オオスズメバチやキイロスズメバチを殺すニホンミツバチの蜂球の内部は45~47℃にもなるそうですが、あの可愛らしいニホンミツバチが力を合わせてスズメバチを負かしてしまうというところに、判官贔屓の日本人の心を感じ入らせるものがありますね。

IMG_9950taas.jpg
































 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
私も一昨年、梅の花に集まっていたニホンミツバチを追ってみると近くの木に巣があるのを見つけましたが、その翌年はその周りも含め、全くいなくなってしまい、寂しく感じました。
スズメバチ撃退の話は聞いていましたが、種を存続させていく為にはそれだけではない様々な大変なことがあるんだろうなぁと思いました。
naturing 2007/06/03(Sun)18:48:49 編集
スズメバチの骸
>私も一昨年、梅の花に集まっていたニホンミツバチを追ってみると近くの木に巣があるのを見つけましたが、その翌年はその周りも含め、全くいなくなってしまい、寂しく感じました。
>スズメバチ撃退の話は聞いていましたが、種を存続させていく為にはそれだけではない様々な大変なことがあるんだろうなぁと思いました。

----いろいろ大変なこと・・・・そうなんでしょうね。スズメバチに1匹、2匹が連れ去られるのは日常茶飯事のようです。ここでは巣を存続させることに彼らの全精力が注がれ、そのうち巣の周辺にはスズメバチの骸も散乱することになるのですね。
【2007/06/03 19:56】
無題
日本ミツバチ可愛いですね~
つー 2007/06/03(Sun)19:01:12 編集
可愛い!
>日本ミツバチ可愛いですね~
>
----ニホンミツバチは何ともいえない愛らしさがあります。セイヨウミツバチに押され気味で数も減っていると言われていますが、スズメバチに対抗できる手段をもっているのはニホンミツバチの方です。
 ところでスズメバチに巣を襲われて一家離散してしまった「みなしごハッチ」はセイヨウミツバチだったんではないでしょうか?
【2007/06/03 20:00】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/16 都下林]
[08/03 はこ]
[01/30 itotonbosan]
[01/10 itotonbosan]
[01/06 itotonbosan]
プロフィール
HN:
タロ
性別:
男性
趣味:
広く、浅く・・・・
自己紹介:
最近になって再び、季節の風景や生きものを求めて自然の中に出かけることが多くなりました。

使用カメラ:
Canon S3IS/Canon S5IS/Panasonic FX07/RICOH R5/RICOH CX1
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]